スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スタイルシートの作成と残機能
スタイルシートはやはり何度書いても慣れない。

サイト全体のレイアウトと記事のレイアウトをとりあえず作成。
はっきり言ってこれだけでも成立しそうな勢い。

とりあえずアップロードしても問題なく動作している。

スタイルのベース部分はEZ-CSSを使用させていただきました。
あとは以下の機能をつけれて、ドメインでも取得すれば移行はできるだろうか。

・タグ機能
タグ管理はしたい

・アーカイブ管理
年月別にリスト化はしたい

・ページング機能
全部の記事が同じページに表示されるのはちょっと・・・。

・カテゴリ管理
なんとなく

・コードシンタックスハイライト
プログラムを書いたときにちゃんと見えるように。


何れもjekyllの標準機能で導入できるみたいです。


| Jekyll | 01:08 | comments(0) | - |
rubyとgemのインストール
sudo apt-get install zlib1g-dev
sudo apt-get install libssl-dev

# wget ruby http://www.ruby-lang.org/ja/downloads/
./configure --prefix=/usr/local --enable-pthread --enable-shared
make
sudo make install

cd ext/openssl
ruby extconf.rb
make
sudo make install

# wget http://production.cf.rubygems.org/rubygems/rubygems-1.3.7.tgz
sudo ruby setup.rb

ソースコードから入れる理由はacp.vimのためだけ。
CENTOSの場合は公式で提供されているrubyのバージョンが終わっているので上記手順必須。

ちなみに1.9系のrubyはgemが一緒にインストールされることを最近知った。
ディストリビューションはDebianです。

| Jekyll | 01:14 | comments(0) | - |
前準備
・ jekyllの準備

1. ruby
2. rubygem
3. jekyll

とインストール

4. レイアウト作成
5. 設定、プラグイン

以上で準備完了。
後は記事を書いていくだけです。

| Jekyll | 00:56 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ